オーストラリア ケアンズ

2010年1月25日 (月)

ポートダグラスって???

P1010874

(ポートダグラス展望台からの眺めeyeヤシの木いーっぱいの海岸線です!)

ケアンズから、海岸線ドライブrvcardashを楽しみながら

パームコーブを越え、さらに北へ30分位行くと、

ポートダグラスという、都会よりずっとのんびりとした

開放感いっぱいのリゾートがありますyacht

○ケアンズ市内からバスbusも出てます(コーラルリーフコーチーズ1日4便)

                          (所要時間:約1時間半)

こないだ紹介したOn the INLETもポートダグラスにあるよgood

この小さな街には、マリーナがあって穏やかな雰囲気。

P1010862_2

街はこんな感じ↓で、

P1010896_2

かわいいブティックやアイスクリーム屋さん、

ギャラリーがあって、歩くだけで楽しいです。

P1010900

(↑ついつい見とれた優しいタッチの絵。)

そしてこの街には、超~かわいい教会があるんですheart04

憧れMakiさんご夫婦もこの“St Mary's by the sea”で結婚式したんだってhappy01

P1010849

「バイ ザ シーwave」っていう響きbellがまずやばいo(*^▽^*)o

中もすごーく素敵なの♪♪♪

P1010839

そして、見てsign03

このステンドグラスゥ。私の好み、青い鳥heart02

P1010845

海でビーチ遊びももちろん出来るし、

P1010827_2

ケアンズから日帰りでもいけますが、

ゆーっくり長期滞在するのにオススメなポートダグラスです。

2010年1月18日 (月)

史上最高においしい牡蠣♪♪♪♪♪

P1010919

生ガキ(with白ワイン)に目がないわたしlovely

オーストラリア現地の人は、「え?生はちょっと。。。」

という人が多いけど、私はどのレストランに入っても、

「生ガキ、ダースでお願いしますpaper」てな感じですscissors

1年中生ガキ食べられるオーストラリア最高っupupup

でねー、わたし史上最高においしい生ガキはここにありますgood

P1010871

ケアンズ市内から、車rvcarで1時間ほど行ったのどかな海辺の街、

ポートダグラス

そこにある“On the INLET”は、賞もたくさんとっているという

海に面したオープンテラスのシーフードレストランfishです。

ここでオーダーしたのが、

ソルト&ビネガーアイスクリームのナマ牡蠣eye

「ソルト&ビネガーアイスクリーム???」

って感じだったんですが、

冷た~く冷えた大粒のプリップリの牡蠣に

ちょっと酸っぱいビネガーシャーベットがのってる感じwink

(ちょっとわさびっぽくも見えるけど、ハーブとビネガーかなぁ。)

P1010915

この後、どのレストランに行ってもこのソースは見つからず、

On the INLETで1人10個は食べられたよね~」と、

ちょっぴり後悔が残ったほど・・・

最高においしいです◎

他には定番フィッシュ&チップスと、シーフードパスタを頂きました。

P1010930_2 P1010928

海風浴びながら食べるシーフードってなんでこんなにおいしいんでしょう??

(このレストランでは、グルーパーという3mの魚の餌付けショーも見れますsign01

その魚のでかさたるや、 びっくりw(゚o゚)w)

2009年12月28日 (月)

火おこし体験。

コンロひねれば、火がつくimpact

ライターシュポッで火がつくimpact

自分で火をゼロからおこすことなく生きてこられた31年間sign01

はじめて、しかもステージの上で火おこしを披露することになるとは・・・

ジャプカイ・ナイトのショーが始まると・・・

名指しで呼ばれてしまった?!わたしsweat01

Img_9135

アボリジニーダンスを踊り(前回写真参)、

ワラと木の棒のみで、火おこしにトライpaper

木の棒を両手にはさみ、ものすごいはやさでクルクルするも、

Img_9138_2

うんともすんとも言わない・・・(゚▽゚*)

交代で、アボリジニーのプロ火おこしさんがやると、

煙らしきものがほのかに立ち上がる。

そこに息をふきかけると、赤くつく炎がeye

「ウオォォォォ、火がついたぁ。」(興奮)

私の力ではないような気がめいっぱいするけど、

あったまる火、お肉を焼く火、アロマキャンドルをつける火がそこにsign03

自分でやるといかに大変なことかわかる。

火に感謝したくなる。

アボリジニーの歴史、文化、そして生活体験が出来るジャプカイ

都会の生活をしばし忘れさせてくれる素晴らしい経験ですwink

2009年12月21日 (月)

アボリジニ体験はいかが???

Img_9165 

「アボリジニー」

って聞いたことありますか?

オーストラリアの先住民族、アボリジニー

このアボリジニーの実際の生活や文化を体験出来るカルチャーパークが

ケアンズ中心部から車rvcarで15分行ったとこにあるんですsign03

その名も、ジャプカイ。(う~ん、聞きなれない響き。。。)

アボリジニ部族の中の1つの名前なんだってflair

ジャプカイホームページはここclip

プログラム内容は、初体験のことばっかでドックドクの内容heart02

ハッキリ言って、わたし、ハジケましたbomb(上写真)confident

①ジャプカイ・デイsun

②ジャプカイ・ナイトmoon3 の2つのプログラム。

デイsun(昼間)の方では、屋外でやり投げ体験や、

ブーメラン投げが、本格体験出来ます。

ディジュリドゥ演奏もあるしnote

ブッシュフード紹介もあって、

先祖代々、森の中の木の実や薬草で病気を治してきたアボリジニの知恵を

知ることが出来るんだってeye

毒のある木の実の毒抜きのやり方とかを教えてもらえる。

私だったら、口で毒抜きをしてる途中で、飲むな飲むなーdanger

思えば思うほど、ごっくんって飲んじゃいそうな気がするぅ。

口を使うかどうかも定かじゃないけどsweat02変なシュミレーションしちゃったなsweat01

私は、ジャプカイ・ナイトmoon3の方に参加だから毒におかされる心配無しok

ナイトmoon3、本当にすごい体験が出来ます^0^/

まずジャプカイに到着すると、アボリジニフェイスペインティングと

ウェルカムドリンクbar待っている。

Img_9125

センターの中に入ると神秘的~shineな雰囲気shineshineshine

アボリジニアートも、ド迫力ですeye

Img_9102

辺りが暗闇に包まれると、

自然の塗料を使って体中をペイントしたダンサーが現れ、

ジャプカイ族の魂を表現。

ディジュリドゥ演奏もnotes

そして外に導かれて行くと、湖畔ではファイアーが燃えたぎっている。

Img_9123

木の棒を1人2本渡され(←アボリジニの楽器)

夜露で冷たい芝生の上を裸足になり、

その棒を音高らかに(火の用心みたいに)鳴らすわれわれ。

な、な、なんかすごいぞ、楽しいぞdog

自分の中に眠る野生の感覚?!が掘り起こされていくsign02

アボリジニの歌とダンスを教わり、

クライマックスは、火のついた槍が湖に向かって放たれ

巨大な火柱が空を照らすimpact

この炎の野生のダンスのあとは、ディナー会場へrestaurant

ここでは初の火おこしに挑戦paper→つ・づ・くsign05

2009年12月14日 (月)

ノーザン・エクスペリエンスツアー☆☆☆☆☆

5つ星☆☆☆☆☆をつけたくなる、

ノーザンエクスペリエンスツアーbus

カーテンフィッグツリーの後は、

ムンガリー・クリーク・ファームハウスでランチrestaurant

Img_9235_2 

バイオダイナミック農法のオーガニック乳製品を扱うこのお店。

ヨーグルトやチーズの試食、買うこともできますgood

P1020053

ここのランチ、すっごくおいしいですscissors

ラザ~ニア(写真上)か、

ベジタリアンポパイパイ(名前忘れちゃったけど、そんな感じ) (写真下)

から選びます。

Img_9228_3

P1020050_2

おいしいランチでお腹いっぱいの後は、

童話の中のようなshineキレイなキレイな滝へrvcar

P1020044_2 

「泳いでもいいよ」って、ブレットは言ったけど、

「水、冷たっsweat01」、見るだけにしときましたbleah

このツアーでは、時間キツキツ~dashとか

あれみろ、これみろと強制されるような感じはまったくない。

グループツアーなんだけど、

みんなが思い思いの時間を過ごせる時間があって、

日本国内ツアーのせわしないdashのと、違~うeye

最後の自由時間なんて公園行って、

「泳ぎたい人は川もあるし、渓谷があるから見に行きたければ

行って来てもいいし、疲れた人は昼寝sleepyしててもいいよ~」ってwink

何?この自由な感じsign02

われわれは、広~い空の下、川のせせらぎ聞きながら、

爆睡sleepyをチョイス。(気づいたら寝ていたってのが本当。)

ブレットが起こしに来てくれた(@Д@;

2009年12月 7日 (月)

Curtain Fig Tree(カーテンフィッグツリー)

Img_9207

バリン湖の後は、樹齢600年以上と言われる、

カーテンフィッグツリーを見に。(前に書いたつづきsign05

森に入ると木陰になってて、太陽の光があまり届かず、

空気がちょっとひんやりしてて、おいしいnote

Img_9216

このノーザンエクスペリエンスツアーを立ち上げたのは、

現地オーストラリア人ブレット

これまでのツアーのあり方に疑問を感じてたんだって。

例えば、私も経験あるけど、

「会社の利益ばっか重視で、団体ガーッとバスで目的地に行って、

着いてみたら、見て回る時間がすごく少なかったぁsweat01とか、

ツアーに組み込まれてるごはんがおいしくなかったぁsweat02とか。。。

観光客は時間もお金もかけて、一生に1回のチャンスを

楽しみにくるんだから、最高のおもてなしをしたいsign03」って

ブレット力説punch

素敵ぃlovelyとっても大切な、考え方の基本ですflair

↓ジャラララ~ンbellまさにカーテンだね~。

これが和名:しめ殺しのいちじくの木(おどろおどろしい~bearing

それにしてもさ、一番上に載っけた写真の看板に

もしももしも、

「しめ殺しのいちじくの木」って書いてあったら、

なんかあんまり行きたくないような気が・・・gawk

THE 英語マジックshine

て言うよりこの場合は、英語名と和名完全に違うよねcoldsweats01

P1020034

☆ カーテンフィッグツリーの出来るまで ☆P1020035 P1020036_2

①鳥などがフンを落とし、宿木に種が落ち発芽。

    出てきた根が地面を目指す。

②肥沃な土の栄養で、根っこをぐんぐん上に横に伸ばし、

  しまいには宿木を絞め殺す。P1020037_2 P1020038_2

③ 宿木は隣の木に倒れかかり、根がカーテンみたく伸びる。

④ 宿木は腐って、カーテンツリーのみが残る。

自然ってすごすぎwobbly生命力って時に残酷catface。。。。

2009年11月30日 (月)

ケアンズ発 超オススメツアー☆☆☆☆☆

Img_9197_2

こんにちはぁtulip

ケアンズ発のツアーの中でも、超オススメツアーshine

ノーザン・エクスペリンス・エコツアーズ

前にご紹介したパロネラパークにも行く1日ツアーで、

現地オージーのブレットが立ち上げてるツアーwink

現地を知り尽くしてるオージーだからこその視点で作られてて、

料金もそうだけど、お得感いっ~ぱいで大満足ツアーですscissorsscissorsscissors

バスbusに揺られてまず着くのが、バリン湖

ここで、絶対絶対食べなきゃ泣いちゃうのが、

Img_9181_2

スコーンsign03

「ねぇ、なんで日本のスコーンとこんなに違うの???」

ってくらいオイシイlovely

フワフワでどっちかって言うとパンに近くて・・・・

そしてこの甘くないクリームとジャムが、ほんとにたまらなくて・・・

モーニングティーcafeと共に、湖畔で頂くスコーンのおいしいことheart

Img_9183

だれか、これと似たスコーンを日本でも食べられるとこ知ってたら教えて!

それかレシピでもいいです。切実です(笑)

お腹も満たされほっこり気分になった後は、エコツアースタート。

shipに乗り込み、自然の中へ。Img_9190_4 Img_9193_2 

野生のヘビの元へとガイドされΣ( ̄ロ ̄lll)

縁起が良さそうだからsign02

とりあえず写真cameraを撮って、逃げるdash

P1020023_3

湖のあとは、

カーテンフィッグツリーすなわち、絞め殺しの木(日本語になると何故恐い?)

を見に・・・

つづくsign05

2009年11月23日 (月)

Hot-Air Balloon (熱気球) 片付け編☆

note気球に乗って~note 着陸すると・・・

降り方は、なんとこんなにも大胆wobbly(写真正位置ですwink

Img_9532

バスケットまたいだり、↑こういう降り方になったりもするので、

女の人はスカートじゃなくってズボンがいいヨflair

(ハイヒールも脱がされちゃうヨflair

バスケットが飛んで行っちゃわないよう、慎重に一人ずつおります。

お片づけ開始shoe

まずは、空気を抜いていく。

Img_9534

下から上に気球を持ち上げ、折っていく感じで。

Img_9536

時に気球のでっかさに、打ちのめされそうになりweep

Img_9541

空気が抜けると、くるくる巻かれた長い布になる。

P1020396

この布をひとつの袋めがけて、みんなで担いで入れていく。

→→→→ 完了scissors

みんなでやるからとっても楽しいnotenotenote

Img_9562_2

バスケットは、スタッフがトラックにのっけ、全ておーわりnote

Img_9569

太陽sunも完全に昇りきりchick、おなかも減ったところで、

あったかごはんrestaurantを食べに戻ります。

早起きしてほんとーに爽快、大正解の気球の旅なのでしたぁbell

2009年11月16日 (月)

Hot-Air Balloon (熱気球) 乗る編☆

P1020369

ケアンズ近郊のマリーバは、晴天率が世界で一番高いsunsunsun

熱気球に乗るにはもってこーいの地。

レイジングサンダー社さんが熱気球ツアーをやってます。

地平線から昇る太陽sunを空から拝むべく、

早朝4時過ぎ集合にもめげず、眠い目こすってgawk

満点の星がまたたくshineちょっと肌寒いくらいの空気の中、出発busdash

※日の出前だと寒いこともあるので、長袖ジャケット絶対持ってってネflair

着いたら、ボッーっとものすごい音とともに燃え上がる炎impact

Img_9446_3 

この炎の熱でどんどん膨らんでいくのが、

私たちを今日空へと連れてってくれる気球ですsign03

太陽昇る前の空気って神聖で、炎の音が風情があって。。。

自分の心臓のドクドクが聞こえてきそうな感じ。

P1020361

バスケットに乗り込み、バルーンが炎の熱でマックス満たされると、

フワッ、フワッフワッと、

地面を離れてくーhappy02

頭の中をかけ巡るは、もちろん

♪気球に乗ってどこまで行・こ・うぅ~、風に~乗って~♪

P1020393_2

「キャー、私たちみんなで風になってる。。。」

気球って、行き先はほんとに風まかせ(゚□゚*)

炎で高度調節は出来るけど、行く方向は決められないんだってwobbly

それってなんかすごくない???

だから着地地点も風まかせ♪

広大な大地が見守るオーストラリアだから出来るのね~、

バルーンニングnotesnotesnotes

太陽出る寸前↓

Img_9496

反対側の空は、ブルーとピンクの層になってます。

P1020379 

空からカンガルーが飛び跳ねたり、ヤギや牛の姿も見えますeye

Img_9464

楽しいぃぃぃnotenotenote

太陽出たぁsunsunsun

Img_9502

着地したのはキャラバンパークの隣の牧草地。

ひそかに、木の上とかに着陸じゃなくってよかったーと

ひとり胸をなでおろしつつ、空の旅を終えましたscissors

次回、このでっかい気球の片付け編(乗ったみんなで片付けしますpaper

Img_9521_2 

2009年11月 9日 (月)

アンサナチャペルって???

Img_9078

おなご達の憧れ、ウエディングheart01heart04heart01

ほんと~に素敵なチャペルがパームコーブの

アンサナリゾート内にあります!!!!!!

目の前に広がるは、もちろんグレートバリアリーフの海lovely

(↓スパのベランダから見たチャペル(右上) )

もっと知りたい方はアンサナ・グレートバリアリーフのサイトで、

写真見れるヨeye

Img_9074

♪もしも私が、海外で挙式を挙げたぁなーらー

アンサナチャペルで挙げたかったぁぁぁ。。。♪

だから、先日素敵なコメントを頂いた、

来月アンサナチャペルで挙式を挙げるというTakumingさんsign03sign03

『おめでとうございますbellshine & 超、素敵ですcrownshine

私は見るだけでしたが、憧れチャペルの中を歩けて

「あぁ、やっぱりウエディングって素敵heart02

神田うのちゃんが何度も式を挙げる気持ちがよーく分かるわ。」

なんてネwinkと、トキメイタlovelyのです。

ワールドブライダルのNさんに

昨今?!のオーストラリアウエディング事情を

お聞きしてきましたscissors(しかも、チャペル内でsign01贅沢ぅsmile

このワールドブライダルさんのサイトにも

素敵なアンサナチャペル写真もムービーも載ってるeye

キュンキュンするので、是非見てみてnote

Img_9081_3

オーストラリアクイーンズランド州で

ウエディング希望の方、

時差clockもなくって、お肌への負担も少ないし( ̄ー+ ̄)

家族や親戚、友人も行きやすい

オーストラリアウエディングbellbell

海も綺麗なオーストラリアウエディングheartheartheart

オススメです◎◎◎

私も、もーっ1回挙げちゃおっかな~( ̄▽ ̄)

(うのちゃんみたくsign02もちろん、くまさんとです。。。)

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31